貧脚日誌

40代おっさんのブログです。 自転車(といっても貧脚)や登山(といっても低山ばっかり)がメインとなってます。

秋のアイテム

この時期にちょうどいいアイテムの紹介です。

パールイズミのウィンドブレークライト トゥカバー

自転車用のシューズは夏のムレ対策として、たいてい風通しがよく出来ていますね。
そのため、この時期はつま先だけがちょっと冷たい時(特に走り始めや、ダウンヒルの時など)があると思います。
自転車用シューズは結構ピッタシのを履いているので、つま先の血行が悪くなりやすく痺れやすいですしね。
そんなときにシューズの先にパッとつけるだけで冷たさが防げるアイテム。
金額的にもそんなに高くないので、一つもっていると良いですよ。
(アソスとかでも出しているが、びっくりするくらい高い、でもそんなに機能に差がないので、こちらで十分です。)
裏側はどうなっているかというと、

こんな感じで水玉模様になっていてて、風を防ぎつつ、透湿性があります。
けれども保温性はあまり期待は出来ません。
真冬は全体をカバーするシューズカバー(オーバーシューズ)が良いでしょう。
私は、真冬になると、ネオプレン製(ウェットスーツの素材)のを使ってます。
そう考えると、使用期間は秋と春で2ヶ月間程度でしょう。(稼動率は悪いですね、)


実際にシューズに装着すると、こうなります。


あと、残念なのが、シューズのつま先につけるので、けっこう傷みが早いです。
(つま先の下側に穴が開きます)
また伸縮性に乏しいので、パイピングの部分からほつれます。
まあシューズカバーですから仕方ないことですが、消耗品と割り切った方がいいです。


今年で2シーズン目(昨年秋に購入)


[asin:B0049DAGR6:detail]