貧脚日誌

40代おっさんのブログです。 自転車(といっても貧脚)や登山(といっても低山ばっかり)がメインとなってます。

大菩薩峠、大菩薩嶺

前日の夜に急に決定、大菩薩へ

距離: 9.47 km
タイム: 4:23:06
平均スピード: 2.2 km/h
高度上昇値: 701 m
カロリー: 682 C
平均気温: 12.4 °C

朝3時に目覚ましをセットして22時就寝した。
が、寝れず、目覚ましを止めて(長距離移動を諦める)
12時にチューハイを飲んで1時頃たぶん寝る。

で、3時に目覚める!30分くらいグデグデしてから起き上がり
朝食とトイレを済ませて4:30に自宅出発
上日川峠に7:30着

車の温度計が-4℃、寒い、、、
メリノアンダーにパタゴニアのキャプ3(アンダー二枚重ね)に
アイスブレーカーのメリノミッドの上にこの間買ったハードシェルを羽織って出発
(どんだけ着ているんだか、、)
準備が終わって8時頃出発

日差しが当たると温かい、でも周りは霜が降りている

山小屋を抜けると林道を歩く、
日陰は寒く、先日降ったと思われる雪が、、


大菩薩峠到着!

これから行く大菩薩嶺
写真だと普通の風景だけど、たぶん-5℃くらいでは

20分くらい歩くと親知らずの頭
ここからの風景がすばらしいですね、
富士山、南アルプスが一望できます。

峠を振り返る

北へちょっと下ると賽の河原

木の枝に霧氷がついてる。


電岩に到着

この先が唐松尾根、
先には南アルプス

ここでお昼、カップラーメンを食べる。あと、コーヒーも
日差しは暖かいが、吹きさらしなので、途中から寒くなってくる。

電岩から10分程度で大菩薩嶺山頂
山頂には特になし、結構山頂は何もなしって多いですね。

先ほどの電岩まで戻って、唐松尾根を通って下る。
行きに比べればきついが、どちらかといえばラク。


帰りは国道411号方面へこちら側はちょっと道幅が狭いかな?

目的は温泉、大菩薩の湯、利用料金は600円
お湯はアルカリ性ですべすべ(ぬるぬる)になりました。
いい湯でした。

この後、大菩薩ラインを通って奥多摩を経由して帰宅